ジュニアNISA口座開設経過~未成年証券口座開設封書到着!入金方法に注意

スポンサーリンク
お役立ち

1週間後かな~なんて思っていたのもつかの間、昨日子どもの証券口座書類が到着しました!

 
大人の証券口座のとき同様、ログインIDと初回ログインパスワードを入力し、流れ通り進めていくと設定完了!
 
そしてこれもまたつみたてNISAのとき同様、証券口座は開設していてもジュニアNISA口座はまだ税務署の審査中のようです。

 
ジュニアNISA口座開設が済んだら、すぐにでもできるように証券口座へ入金しておこう!と思い、楽天証券へ入金するための設定します。
 
楽天証券FAQ:入金方法を教えてください
 
4つ方法がある中で、らくらく入金と自動入金(スイープ)の方法は未成年口座だとマネーブリッジ自体が利用できないとのこと。
なので、残念ながらこどもの楽天銀行口座は楽天証券と連携して金利が0.1%にすることも利用ず。。。😭
 

 
入金方法は以下2つのどちらかとなります。
 

① リアルタイム入金

提携の金融機関のインターネットバンキング口座からの振込入金だと手数料が無料。
(提携の金融機関は、楽天銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、広島銀行の13行。)
 
 

② 通常振込入金

利用の金融機関で所定の手数料がかかる。
 
 
①と②のイメージ👇

 
子ども名義のゆうちょ銀行ATMから証券口座へ入金すると手数料が発生するようなので、子ども用ゆうちょ銀行のネットバンキング登録しなきゃだめなのかなぁ~😥と思っていたけど、別の方法を発見🧐✨
 
楽天証券HP⇒未成年口座への入金方法
 

ふむふむ・・・🤔
黄色線部分のところを読むと、登録親権者名義口座からのリアルタイム入金なら、親⇒子ども口座へ直接入金してもOKってことなのねん👌
 
登録親権者名義の楽天銀行口座から、子どもの楽天銀行へ入金しようと試してみると・・

同意に✔を入れると、親名義の楽天銀行口座へ飛び、暗証番号などを入力。
その後即入金されました!
こっちのほうが簡単で便利✨✨✨
 
👆の「銀行口座からの入金時の画像」で下部分を赤枠で囲みましたが、1/1から12/31までの1年間で110万1円以上のなると贈与税の対象になってしまうのでこの点も要注意⚠⚠⚠
国税庁HPより

 
年間最大で110万以下の入金までにすること✍
まぁジュニアNISAは年間80万円がMAXなので、110万を超えて入金することはありませんが😅
 
 
 
 
ちなみに通常振込入金の場合でも、リアルタイム入金以外は本人(子ども名義)以外の振り込み入金は依頼はダメのようです。

要は下の図で×の部分になってしまうということですね。

 
 
 
 
あとはつみたてNISA口座同様、ジュニアNISA口座手続きの完了を待つばかりです♪

ミトリ

アイドリッシュセブンヲタクの子育て主婦。
自分にとって、より良い人生を過ごすために試行錯誤中!
・今あるものを大事に使う、使い切る
・使わないものは捨てる
・不用意に物を買わない、購入時にきちんと考える 
当たり前のことをコツコツきっちりとすることを目標。

私的備忘録として書いていきたいと思います。

ミトリをフォローする
お役立ち
スポンサーリンク
ミトリをフォローする
ミトリBlog
タイトルとURLをコピーしました